こんにちは。Emilyです♪
第4回の今回は、「構成」についてです。
どんな想い出ムービーにしたいのか、テーマを考えて構成を決めていけば制作迷子になることもない!はず!

まず、卒園ビデオといえば…

・卒園式、謝恩会の様子
・園生活を振り返る思い出ビデオ
・個人インタビュー
・先生からのメッセージ
・スライドショー

などで構成するのが主流ですよね。
園の過去のビデオも参考にしながら、何を組み込んでいくか決めましょう。

 

 

「卒園式、謝恩会の様子」を入れるなら…

一度きりの卒園式ですから、わが子をじっくりこの目で見ていたい。
卒対になったばかりに、撮影という仕事に追われてしまうのは辛すぎます。
保護者以外の第三者や業者に頼んでしまうのが早いですが、
それが難しい場合は、会場全体をひいて撮影できる位置にカメラを1台置き、式の間ずっと撮っておくと良いですよ。
全体のヒキの画と、保護者が撮影したヨリの画を持ち寄って編集すれば、どうにか形になりますよ!

 

 

「園生活を振り返る思い出ビデオ」を作るなら…


年長になってすぐに動きはじめるのがベストです!
各行事ごとに園にお邪魔して、子供たちの様子をカメラにおさめていきましょう。
年長だけでなく、もっと以前の映像も入れたいなら、素材集めも必要です。
お遊戯会や運動会、立派なカメラで撮っていたお父さんに、映像を借りれないか交渉してみるのも手ですよ。
入園式に始まって、行事を時系列で追っていき、最後に卒園式…と繋げていくと、成長過程もよくわかり、まとまりのあるビデオになります。

 

 

「個人インタビュー」を撮るなら…

園で一番楽しかったこと、または将来の夢など、個人インタビューもいれるのもよいですね。
家族へ向けたひとことメッセージも、親にとっては涙ものです。

 

 

「先生からのメッセージ」を撮るなら…

お世話になった先生からのメッセージも嬉しいですよね。
メッセージは編集に時間がかからないので、早めに撮影するより、卒園モードが高まる3学期がよいですよ。
先生の場合『メッセージがとても長くて、DVDに収まりきらない!でもカットはできないし…』
というありがたいけどどうしよう!?なケースも起きるので、気を付けてくださいね!

このように、内容によってかかる時間も労力も違ってきます。
DVD1枚で収めるか2枚組にするかも含めて、じっくり検討してから取り組んでいきましょう!

Emilyでした!

この記事を書いた人

emily
emily
バリキャリ編集ママ
子育てがひと段落して復帰した、映像編集のプロ

映像業界で身につけたスキルと、卒対経験を生かして、卒対委員さんのお手伝いができればと思っています。