自宅のTVでDVDやゲームをする際、間違った視聴の仕方をしていませんか?
今年完全地デジ化したので、今一度チェックしましょう。

最初に・・
タイトルにビデオソフトとしていますが、「ビデオなんてもううちにはないよ」なんて思ったりしていませんか?
「ビデオ=VHSカセット」という認識の方が非常に多く、仕事で「ビデオ=映像媒体」という意味で使っても、「ビデオ(VHS)ではありません!」と言われることも。
「ビデオ」というのは映像媒体の総称です。
例えば「ビデオカメラ」と言いますが、決してVHSカセットのカメラのことではないですよね?つまり、今の「ビデオ」と言えば、ソフトでは主にDVDやブルーレイを指し、ネット上ではyoutubeなどのネット動画を指す、ということになりますね。

余談が長くなりましたが・・・
まずTVと、DVDデッキやブルーレイデッキといった、ビデオデッキとの接続を見直しましょう。皆さん、昔からある「」の3本端子のケーブルで接続したりしていませんか?
これはアナログTVならば問題ないのですが、地デジだと宝の持ち腐れとなります。
それぞれの機器には適したインターフェース(接続方式)があります。

 

<DVDの場合>
DVDならば、黄白赤(コンポジットケーブル)でもさほど問題ありません。
ただ、ちょっと映像が甘くなります。地デジは画面が大きい分(DVDの6倍の画素数)、DVDの画素数の低さに加え、このケーブルだとクリアに表現できません。
お勧めはD端子(コンポーネントケーブル)です。これはほとんどのDVDプレイヤーについているので、ケーブルを変えることをお勧めします。ただ、音声はついてないので、今までのケーブルの赤白は接続します。

 

<ブルーレイの場合>
ブルーレイにはHDMI端子が標準となります。HDMIはハイビジョン信号を圧縮なく大きなデータを転送でき、音声もデジタルで送れる非常に優れたケーブルです。
もしブルーレイ+地デジを黄白赤(コンポジットケーブル)で繋いで、ブルーレイソフトをみたら、これは悲惨です。黄白赤ケーブルはアナログSDという規格でダウンコンバートといって地デジ画質をアナログ画質に落としてしまう効果があります。
これは地デジ+ブルーレイというハイビジョン規格が台無しになるので、お勧めしません。HDMIケーブルは音声もついてくるので、ケーブル1本で済みます。

 

<ゲーム機の接続>
PS2はアナログTV対応なのでD端子までしかなくHDMIはありません。
またD端子はオプション購入なので、基本は黄白赤のコンポジットケーブルでの接続となります。
PS2でゲームやDVD視聴をキレイにしたい人はD端子の購入をお勧めします
自分もPS2にD端子にしました。やはり黄白赤より鮮明ですね。

X-BOX360とPS3 はハイビジョン対応なので、HDMIが基本となります。
ゲームでもHDMI効果はすさまじく、以前、友人がXBOXで黄白赤からHDMIに変えたらめちゃくちゃキレイになったと話していました。
これは単純にハイビジョン画質をアナログに落としていたものを本来のハイビジョンにしたわけですから、感動的な美しさになると思われます。

このように、
映像は黄白赤ケーブルという意識はもう捨てることをお勧めします。

<画面比率に注意>
今は16:9ワイドの時代ですが、ちょっと前まで4:3アナログTVの縦長の画面でした。
現在番組は完全に16:9ワイドですが、CMは4:3の混在です。
完全地デジ化になってCMもすべて16:9に作り変えるのかなと思っていたら、9月現在でも4:3のCMは多いです。
4:3のCMは地デジだとキチンとはまらないので、両脇に縦の黒帯つけていますね。
さて、皆さんが以前撮った子供さんのビデオや以前のDVDソフトといった4:3時代の映像ソフトを再生する場合、画面比率(アスペクト比)に注意していますか?
4:3の映像を正しく画面設定しないと、横にひっぱられた映像になります。
DVDやブルーレイの一部機種では、自動でアスペクト比を検出して正しく再生してくれる機種もありますが、一般的にはTVで設定します。
うちのREGZAだとリモコンの下の蓋を開け、右下に小さく『画面サイズ』というボタンがあり、そこで変えます。(こんな大事なボタンを、なんで隠すようなところに配置するの?東芝さん!)
このボタンで「ノーマル」というモードがあり、これで4:3映像の両脇に黒帯がつき、適切な映像比率で視聴できます。
ちなみに映画DVDを見ると、本編がワイド、予告編が4:3レターボックス(擬似ワイド)となっており、自分は適切なアスペクト比でみたいので、いちいち切り替えていました。
こんなソフト多いです。これもなんとかなりませんか?DVDソフトメーカーさん!

この記事を書いた人

店長
店長
店長
映像制作その他メディア制作
こどものためのメディアにかかわり20年以上
毎年こどもにいろんな事を教えてもらう日々

■ 好きなものごと・・・こどもが笑っているとこ
■苦手なものごと・・・人のもめごと、戦争
■ 趣味・・・自然と戯れる・ドライブ

こどもメディアでたくさんの笑顔を!