こどもの良い表情をビデオで撮るぞーと気合を入れても、ビデオカメラを持って構えるって年に何回でしょう?
ビデオを構えていない日常って結構面白い表情や面白い行動したりしますよね。
そんな時に使えるのが携帯ビデオ。いまどきのスマホは昔の携帯と違って結構使える画質。
スマホでも圧倒的なシェアを誇るappleのiPhoneを使った動画撮影をちょっとよくするコツをお伝えしますね。

その1 タップ機能をうまくつかう

こどもさんを撮るとき逆光だったり背景が白っぽかったりすると、顔がくら~くなりますね。こんなときはフレーミングした(カメラ画面上に撮りたい場面を映した)状態で子供の顔を狙って画面をタッチしてください。

タッチしたところに四角のフレームがでてきますね。これで適切な明るさに(露出)調整されます。タッチする場所によって暗くなったり明るくなったりします。

さらに、このタッチで露出を調整するとともにピントも合わせてくれるので、より意図した動画が撮れますね。

 

その2 ライト機能を活用

以前ビデオ撮影講座で説明しましたが、室内など明るさを調整できる場合は照明をつけたりカーテンをあけたりして、とにかく明るく!
普通のビデオカメラに比べ感度が悪いiPhoneには少しでも明るさが必要です。

ただ、夜などどうしても明るくできない場合は、(写真参照)画面左上のオフという表示をタップして(ライトを)オンにしましょう。写真ではフラッシュになる機能です。
これで常に明るくできます。ほとんどのビデオカメラには内蔵ライトがないので実は便利な機能です。
ただし、ライトを使うとかなりバッテリーを食うので要注意!

 

その3 手振れには要注意

IPhoneは構造上普通のビデオよりぶれやすくなっています。だからといって三脚につけるのはおおげさなので、可能ならどこかに寄りかかって撮りましょう。

プロである自分もiPhoneビデオの時は肘をどこかにおけないか探します。ない場合は両手の指でがっちりiPhoneをおさえ、両脇を締め、両足をクッションのように柔らかくして撮ります。大げさのように見えますが、これをやる・やらないだけで随分違います。
ちょっと練習すればできるので、ぜひ試してみてください。

 

終わりに

iPhone動画とったはいいけど、iPhoneでしか見ないのはもったいないし、壊れたらデータがなくなってしまう。やはりPCにつなぎitunesをつかって同期させPCに動画データをバックアップさせるのがお勧めです。できたら、そのデータをDVDやブルーレイに焼いてテレビでも観られたらいいですね。

この記事を書いた人

店長
店長
店長
映像制作その他メディア制作
こどものためのメディアにかかわり20年以上
毎年こどもにいろんな事を教えてもらう日々

■ 好きなものごと・・・こどもが笑っているとこ
■苦手なものごと・・・人のもめごと、戦争
■ 趣味・・・自然と戯れる・ドライブ

こどもメディアでたくさんの笑顔を!